The Blog

artxwine_01

写真:アート×ワイン

「アート×ワイン」をギャラリーで

Posted on 2019/7/21

artxwine_01

写真:ワイン×アート

アートと人をもっと強く繋げないか?その仲立ちとして、ワインを間に「置いて」みたらどうだろうか? こんな着想から始まったイベントが、「アート×ワイン」です。

美術館やギャラリーに行っても、アートをパッとみてさっと素通りして、終わる。そんなことが多くはないでしょうか。

一方で、ワインはなんだか難しそう、お金もたくさんかかりそう、と思ってはいませんか?

アートにさまざまな業界のキワをつなぐ力乗り越える力があるとしたら、ワインだって繋げるはず。

Picasso Muse

写真:カルダーのモービル @ピカソ美術館、パリ

ピカソ美術館、対比と並列、そして継続すること

Posted on 2019/5/10

ピカソ美術館に行きました。ピカソの絵は、大好きなのと、ニューヨークを放浪していたときに、現代美術館のピカソの絵を見て 「あなたはここで絵を描く」というインスピレーションをもたらしてくれた、私の人生にとって決定的な恩人です。 バルセロナ、アンティーブにもピカソ美術館はあって、各々行きましたが、パリのピカソ美術館が一番まとまっていて、 いつも刺激をもらいます...

Spring

アート思考黎明期のお話

Posted on 2019/5/1

私は、20数年前、経営コンサルティング会社で仕事をしていた時から、アートを取り入れる方法をよく考えていました。 ...たとえば...ふと、「インターネットを触れるものにしてみよう!」と思いつき、インターネットの立体造形を作りました...

CONTENT

Rigato(リガート)が実現するチームの関係性と自発的成長プラットフォーム

Posted 2018/9/10

2017年7月から開発されていたRigato(リガート)が、パイロット期間を経て、本格販売されました。パイロットを経て見えてきたのは、 感謝を送り合うコミュニケーションをベースに、自発的に成長機会に気づく成長プラットフォームに本質がある、という点でした。 また、本格的で体系化された定性評価項目は、 利用後の分析時に成長への意味合いが引き出せることも分かっています。

「アート思考」はチームの関係性を強化する

Posted 2019/3/1

B O D A Iは、これまで20年近く、アートの手法をビジネスに取り入れて独自の展開を行ってきました。 また、文科省認定のコースとして、京都大学産官学連携本部IMSでも、この秋から新たに「アート思考」のコースが始まっています。 このコースを、B O D A Iは、直接支援しています。 そして2018年、パリのESCP大で長年かけて熟成された「アート思考」のコースが、日本に初上陸しました。 B O D A Iは、これらの経験を生かして独自の新たな手法を生み、新たな取り組みを始めています。

ビジネス・コミュニケーション・デザイン

Posted 2019/3/1

B O D A Iは、ビジネス文書・ビジネスコンセプトのデザインや、その外部コミュニケ-ションをお手伝いしています。

社内文書をそのまま外部に伝えても、非常に伝わりづらいことが多いのが現実です。客観的な第三者の視点から、かつ、問題解決で培われた 分かりやすく伝える手法を用いて、デザインとアートのセンスでアップグレードしたデザインを提供しています。 そのスキルを社内化するための研修も行っています。